吃音者は滑舌が悪い。子供でもできる滑舌改善法とは?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【300人以上が治った吃音改善法とは?】

吃音を改善するため高額な教室や器具・精神安定剤を使っても吃音が治らなくて絶望した経験はありませんか?

元吃音者が300人以上の「どもり人生」を変えてしまった唯一の吃音改善法

⇒ 僕も救われたMRM吃音改善プログラムの実践レビュー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕たち吃音者は他人との会話が極端に少ないです。

一人でずっと部屋に籠ってゲームをしていたり、小説やマンガ本を読むのが好きだったり、レンタルDVD漬けな日々を過ごしている方もいることでしょう。

すると、口を動かす機会が極端に減ってきますので口周りの筋肉が衰えてしまいます。

 

いざ、なにか話そうとしてどもらずに話せたとしても「あれ、うまく口が回らない」となって話すこと自体が億劫になってしまいます。

そうすると滑舌が悪くなってしまいます。

 

滑舌が悪くなると、せっかく一生懸命話しても「え?なになに?」と聞き返され、また話さなければいけません。それは最悪ですよね?

僕も滑舌は良くないのでいつも気にしてしまいます。

そこで、子供でもできるし一人でもできる滑舌改善法をお伝えします。

子供でもできる滑舌改善法

子供でもできるし一人でもできる、最高の滑舌改善法があります。

それが「笑顔」です。

「は?」と思ったかもしれませんが、僕は大マジメです(笑)

 

笑顔になると表情筋をすごく使うので、口を動かすときに良いサポーターになります。さらに顔の筋トレになるし小顔効果もあるのでおすすめです。

 

で、やり方ですが難しくないし恥ずかしくもありません。

 

笑顔といっても他人との会話で笑顔になることではありません。

自分一人の時間で笑顔の練習をする方法です。

 

えば、車の運転・トイレの中・お風呂の中・自分の部屋などで、思いっきりはじける笑顔を意識しましょう。

できれば「はっはっはっ」と声を出すのがいいです。

さらに、口角をあげるのではなく、ほほ肉を上にあげるようにすると自然な笑顔になりやすいです。

 

そして、笑顔と普段の顔を交互に何度も繰り返すと、良い感じで筋肉に負荷がかかります。何度かやると、筋肉が疲れてくるので筋トレ効果が実感できるはずです。

 

プラス、

 

笑顔になると心もフロー状態(いい気分)になるので楽しく感じますし健康上にもいいです。

そして、笑顔のあとに人と会うと、なぜか「明るい自分」に気づくはずです。

 

あ、そうそう。

「一人笑顔」は何も知らない他人に見られると変な人に思われるので注意してくださいねっ(笑)

そのため、自分の部屋や車の中、お風呂の中など一人の時間にやるのがgood!です。

 

子供でも誰でもできる超絶カンタンな滑舌改善法ですので、ぜひお試しください。

 

 

・僕が克服したどもりを治す方法はこれだけ!

⇒ 300人以上が治った吃音改善法とは?

「限定特典」①第一声をスムーズに出せる5つの方法    ②メンバーページでのサポート

「ありがとう」の「あ」が出ない。「おはよう」の「お」が出ない。電話で第一声が出ない。自分の名前も言えない。会社名も言えない。・・・もうそんな地獄から解放されます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です