吃音の治し方を調査!そこで見つけた僕が実践している吃音克服法をシェア

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【300人以上が治った吃音改善法とは?】

吃音を改善するため高額な教室や器具・精神安定剤を使っても吃音が治らなくて絶望した経験はありませんか?

元吃音者が300人以上の「どもり人生」を変えてしまった唯一の吃音改善法

⇒ 僕も救われたMRM吃音改善プログラムの実践レビュー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは、シンです。

今回からシリーズもので、吃音を克服する方法をシェアしていきます。

 

「どもる不安が頭から離れない」

「人に会うことでさえ嫌な気持ちになる」

「将来、ずっと吃音で悩むのが嫌すぎる」

そんな方のために、心因性の吃音を克服するための一つの方法をシェアしていきます。

 

 

吃音に関して、いろいろな治し方を調査しましたが「これ」といった解決法はありませんでした。

まだ医学的にも解明されていないので仕方ありません。

 

ですが、僕らは吃音者だからといって諦めてはいけないのです!

諦めたらそこで試合終了です。

 

 

もし「私は吃音だから何をしてもムリ」

という方はここでページを閉じてください。

 

 

一方、「吃音をもっているけど、自分の人生を良くしたい!」

と本気で自分と向き合える方には、僕が実践している吃音克服法をシェアします。

 

 

吃音を克服するって聞くと「吃音をなくすんでしょ?」と言われる方が少なからずいます。

いえ、そうではありません。

 

克服を辞書で調べると

努力して困難な問題・状態を解決し乗り越えること。

引用:https://www.weblio.jp/

と、あります。

 

つまり、吃音克服とは、吃音という壁があっても諦めず、壁を乗り越えていくことをいいます。

もっと優しい言葉に言い換えると「吃音を受け入れ許すこと」です。

 

 

そうすることで、吃音に支配されない状態を自分でデザインすることができます。

では、吃音を乗り越えるためには何が必要なのでしょう?

 

 

それは、吃音に支配されない心の状態を作ることです。

「え?」と心の状態と聞いてピンと来ないかもしれませんね。

 

 

吃音と心はつながっています。

 

 

あなたも実感しているとおり、どもりは不安や恐怖といったネガティブ感情(心の状態)によって悪化してしまいます。

 

このネガティブ感情になっている心を自分で整えることで、どもりにくい身体を作ることができます。

その方法をこれからのシリーズでシェアしていきます。

 

 

では、まず最初に吃音の原因についてお伝えします。

 

吃音の原因はなに?

僕ら吃音者にとって吃音の原因は、ひとつではありません。

 

脳機能のクセ・物理的振舞いのクセ・心因性・遺伝などといった、

様々なものが複合的に絡み合って「どもる」という現象が起きてしまいます。

 

 

どれか一つだけ解消すれば吃音が改善するとはいえません。

 

 

ほとんどの人は、いろんな要素が複合的に重なり合っていますし、

僕らはまったく同じ人間ではありませんよね。

 

 

一人一人が生まれ持った性格や体質、

育ってきた環境や日々の習慣によって、

吃音になってしまった原因や状態はみんな違うのです。

 

 

なので、一つの吃音改善の方法だけが

吃音者全員に共通するのかというと

ちょっと疑問符がつきますよね。

 

 

一つの吃音改善法だけを試して

「やっぱりダメだった」と嘆く必要はないのです。

 

 

でも、人間の心理状態は同じ

つまり「心」はどんな人でも同じです。

日本人もアメリカ人もフランス人も同じです。

 

 

だれでも不安や恐怖を感じるし、喜びや愛情といった感情ももっています。

多少、国の文化があるので表現の違いがある程度です。

 

 

えば、

どもったら恥ずかしいと思うのは誰でもそう思うだろうし、

たまにスラスラと言葉が言えた瞬間、

嬉しくて心の中でガッツポーズをしてしまうのも同じはずです。

 

吃音で悩む世界中の人々の共通心理です。

 

 

★ここがポイント!

実は吃音と心は密接な関係をもっています。

 

 

 

自分の心の状態が良ければ「どもる」頻度も減っていくし、

 

自分の心の状態が悪ければ「どもる」頻度が増えます。

 

 

なぜなら、自分の心が不安や恐怖といった感情を生み出してしまうからです。

その不安や恐怖が吃音を悪化させてしまいます。

 

 

あ、誤解しないで下さい。

心の状態(心因性)自体がすべての吃音の原因ではありません。

 

 

 

先ほどもいいましたが

吃音自体の原因は一人ひとり違います。

 

ですが、吃音の状態、どもる状態を

最大限に悪化させてしまうのが「心の状態」なんです。

すべての原因の根底にあるものが心因性だと僕は思っています。

 

 

心の状態を良くしていくことで

吃音の改善につながるし、

吃音そのものの予防にもなります。

 

 

何より大切なのは、

自分の心の状態を自分でデザインすることで、自分に自信がつくのです。

自分の未来に希望が持てると言い換えることができます。

 

 

今まであなたの心の状態は、

他人や場面・場所に影響されて決まっていたはずです。

 

 

例えば、

  • だれかと会話をする必要があるとき「どもったらどうしよう」と心配をしていたり、
  • 会社の朝礼で挨拶をしなければいけないとき、何日も前からイヤな気分になっていたり、
  • 就職の面接で、練習ではキチンと言えるのにいざ本番になると、緊張感で頭が真っ白になってどもりまくってしまったり。
  • どもってしまったことを、たびたび思い出して自己嫌悪になってしまったり。

 

 

自分の心の状態が外側の出来事に影響されて

「決められていた」と言えます。

 

 

だから、ネガティブ感情に頭が支配されて

吃音が出やすい心理状態に陥っていたんですね。

 

 

これからあなたの心の状態を

「他人に決められていた」から「自分で決める」

変えていくことが必要です。

 

 

そうすることで、

  • 少しずつ吃音改善や軽減を実感していきます。
  • 吃音が改善されることで自分に自信もつきます。
  • 考え方も前向きに明るくなれます。

この過程が吃音の克服に必要です。

 

 

すると、人間関係にもよい影響が表れます。

なぜなら、吃音に怯えて暗い顔をしている人より、

明るく笑顔が爽やかな人のほうが誰だって好きだからです。

 

もしこんなストレスのない人間関係を築けるとしたら

どんなに毎日が楽しいと感じるでしょう。

 

 

もちろん、「明日からガラッと変わります!」

という魔法はありません。

 

 

毎日の生活の中で少しずつ取り入れることで、

自分の心の状態が変わっていきます。

 

 

 

今の現実がイヤなことしかなく、

「周りが変わってくれないかなあ」と

強く願っているかもしれません。

 

 

でも、今までのあなたでは現実は変わりません。

吃音で辛いことも、人間関係が辛いことも

過去が証明してしまっています。

 

 

 

だから、あなたから変わるのです。

 

 

「あなたが変わるから周りが変わる」のです。

 

 

 

あなたが変わるために僕ができることを

これから全力で提供していきます。

 

 

 

吃音克服は、誰でもできることです。

多少のがんばりは必要ですが。

 

がんばりを辛いと思わないで、

楽しみながらやっていきましょう。

 

 

ぜったい、自分が変わっていくにしたがって

「楽しい!」という感情が自然と沸いてくるはずです。

 

 

 

自分で心の状態を自分でデザインするスキル

「心マネジメント」を習得し、

吃音を改善して楽しい人生を掴み取って下さい。

 

 

 

「自分らしい人生」

 

 

 

これを最速で手に入れるのがこのシリーズの大きな目的になります。

 

 

 

 

では、具体的な内容のお話ですが、

 

僕ら人間にはどんな心の状態があるのか。

それを次回からお話していきます。

⇒ 吃音を克服する講座「明鏡止水」1回目・フロー理論

「限定特典」①第一声をスムーズに出せる5つの方法    ②メンバーページでのサポート

「ありがとう」の「あ」が出ない。「おはよう」の「お」が出ない。電話で第一声が出ない。自分の名前も言えない。会社名も言えない。・・・もうそんな地獄から解放されます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です