吃音で「死にたい」と思っている人は見方を変えてみよう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【300人以上が治った吃音改善法とは?】

吃音を改善するため高額な教室や器具・精神安定剤を使っても吃音が治らなくて絶望した経験はありませんか?

元吃音者が300人以上の「どもり人生」を変えてしまった唯一の吃音改善法

⇒ 僕も救われたMRM吃音改善プログラムの実践レビュー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

吃音が辛すぎる

毎日どもりとの戦いで疲れ果てていると思います。僕も辛く苦しい日々を過ごしました。

だれかとの会話ではいつも「どもりそうだな」という予感が頭の中を支配しますよね。

 

ヤバイなと思いながら話すと結局どもってしまったり、どもるのがイヤだからと言葉を言おうとしても言えず、あとで後悔したこともあるでしょう。

 

こんな毎日を続けていくと精神的にも肉体的にも疲れ果て、自分が生きている意味は何だろうと感じることもあるはずです。

 

ストレスまみれで何もかもうまくいかず、一生こんな苦しみが続くくらいなら死んだ方がマシだ、と「もう死にたい」と思ったことはあなたも一度や二度ではないでしょう。

僕もその気持ち分かります。言葉では言い表せませんよね。

 

でも、ここで少しだけ「自分に対する見方」を変えてみてほしいのです。

僕もこの見方に変えてから、スッと心が軽くなりました。僕は今も大切にしていることです。

今、吃音が辛すぎて「死にたい」と感じている方は続きを見て下さい。心がスッと軽くなると思いますよ。

僕らが生まれた奇跡

どんな風に自分を見るのかと言いますと、今は吃音に苦しんでいる自分しか見えないはずです。別な言い方をすると、自分の目線でしか考えることができていません。

実は、自分が今存在している奇跡に気づけていないのです。ちょっと視点を上にもっていきますね。がんばってついてきて下さい。

 

ょっと、考えてほしいのですが、あなたは今どこにいますか?

「は?ここにいるよ」と言う声が聞こえてくるのを知ってて僕は聞いています。

 

あなたは今、日本にいるはずです。首都圏にいるかもしれませんし、僕みたいに地方でこのブログを読んでいるかもしれません。

あなたは日本人ですよね。今日本に住んでいますよね。世界的に見ても治安が安全で簡単には死なない日本です。

 

それって世界的にみたらどうでしょう?

 

し、あなたがアフリカなどの貧困国で生まれたらどうですか?毎日食べるご飯すらない、空腹と水分不足でガリガリに痩せてお腹だけがぽっこりでていたらどうですか?

それとも、中東のある国のように内戦ばかりで毎日命の危険にさらされていたらどう感じますか?小さな子供さえ洗脳して兵士に変えてしまう国ですよ。

 

あなたがいる「日本」はどんなに恵まれているか気づけますか?あなたが吃音者でも日本で生まれて食べるものにも困らずに育ってきた環境をどう感じますか?

 

もし、貧困国や内戦で苦しんでいる人たちが僕らを見たらどう感じるでしょうか?

きっと吃音なんか「眠たくなるような悩み」なはずです。だって彼らは手の届くところに「死」があるんですから。

明日飢餓で死ぬかもしれない。明日銃で撃たれて死ぬかもしれない。その不安や恐怖に比べて僕らの悩みはどう感じるでしょうか。

 

そんな彼らのことを少しでも考えることができたら、僕らがいかに「幸せ」か分かるはずです。

でもそう簡単に、理解はできないと思います。だって、だれもそんなことを言ってくれる人がいなかったはずですから。学校の先生も言ってくれませんよね。

 

は理解できなくてもいいです、でも、このことを少しでも頭の片隅に置いていることで自分の幸せに気づけるときが今後きっときます。

この「幸せ」に気づけたとき、心が「スッ」と軽くなります。今の自分に「ありがたみ」を感じることができるのです。

 

僕らは辛く苦しい吃音が史上最大の悩みだと思います。もちろん、僕も少し前までそうでした。

でも、

・もし自分が貧困国に行って飢餓で死ぬかもしれないとしたら、

・内戦の中に飛び込んで捕虜になって首を斬られて死ぬかもしれないとしたら、

 

その状況ではたして吃音のことで悩むでしょうか?

きっと目の前にある「死」に脅え、そして今までの日本にいたときの「幸せ」が走馬灯のように蘇ってくるでしょう。

 

、あなたが見ている視点は自分の目線ですが、少しだけでも視点を上げて自分のことを見てみると、吃音で悩むことが小さなことだと感じる日がきっときます。

 

そのとき、本当の意味での吃音克服だと僕は思います。ぜひ、今の自分を卑下せず自分を諦めず、毎日を大事に過ごして下さい。日本人で生まれた奇跡を感じましょう。

 

いつでも吃音を改善する環境があることに気づいてください。あなたはきっと大丈夫です。

 

 

・僕が克服したどもりを治す方法はこれだけ!

⇒ 300人以上が治った吃音改善法とは?